スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクのメンテナンスその後

先日バイクメンテナンスプラグ点検し軽く掃除をしました。

今日は、体が少しダルかったので、自転車通勤はお休みして、バイクで来ました。
そこで、先日のプラグ点検&掃除の成果を感じることができましたので、
記事にしました。

まず、パワーがかなり復活しています。
ということは、パワーダウンの原因は、プラグの消耗と汚れらしいですね。

1番シリンダーのプラグがカーボンで死にかけていて、3気筒運転となっていたようです。

ここ最近のメンテナンス前のエンジン始動直後の回転数は、
1000回転を下回っていて結構バラつきがありました。

しかし、今日は、滑らかにアイドリングして約1200回転で、
アイドリングが滑らかに安定していました。

さらに、走行時にもパワーがそこそこ出ていました。
(これは、プラグを新品にしたら結構な効果が得られそうです)

パワーダウンの根本原因を考えてみました。

少し心当たりがありまして。

パワーダウンする前に、安全運転をしようということで、かなり低回転運転をしていました。
(出来るだけ2000~3000回転で乗るようにしていた。)

それがカーボン付着の根本原因ではないかと思っています。

エンジンは、ある程度は回さないと調子崩してしまうようですね。

先日のメンテナンスでの掃除である程度火花が回復したと思うので、
ちょっと回転を高めに保った運転をすれば一層カーボンが取れて調子が良くなるのでは?
と思いますが、根本的に13000キロのプラグは街乗りでも交換したほうが良いかもしれません。

3気筒運転等のバランスの悪い状態での運転は、
他の機関への悪影響があると思われます。

また、エアークリーナを外して空ぶかしをしてみたのですが、
アクセルレスポンスのON、OFFにエンジンがついてこれない感じでした。

ONのときには、回転上昇がもたついて、マフラーから一瞬白煙が出ました。
(エアークリーナを外している影響もあると思いますが)
なので、3000キロは早すぎと思いますが、
9000キロぐらいでは交換したほうが良いのではと思いました。

【関連記事】
バイク整備点火プラグ点検

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。