スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク プラグ交換

バイクプラグ交換しました。

交換作業は、以前のプラグ点検時に一度同じような作業をしているので、
だいたい30分程度でした。

交換後、100キロぐらいのショートツーリングをしてみました。

感想は、下記2点の改善が見られましたので、交換してよかったと思っています。

・低回転トルクの向上
 アクセルONに良く応答してくれるようになりました。
 古いプラグでの、5000回転くらいからのアクセルONの応答が
 新しいプラグでは、4000回転くらいから得られるようになりました。
 (追越などにも1速高いギアで対応可能になると思います)
 
・回転のスムーズさの向上
 古いプラグでは、各気筒のプラグで消耗度合いがバラバラになり
 プラグが古くなればなるほど各気筒のプラグのコンディションに差が出ると考えられます。
 そのため、爆発力に結構なバラツキでると思われます。
 それが、新しいプラグに変えることにより、コンディションが均一になり爆発力が均等になり
 回転がスムーズになると思われます。
 これは、プラグ自体が痛んでいなく、掃除がきれいにできる場合は古いプラグでもある程度は
 コンディションを均一にできるため回復可能と思われますが、
 自分はきれいに掃除する自信が無かったので交換でよかったかなと思っています。
 エンジンの振動が気にならなくなりました。
 (古いプラグのときは、8000回転くらいでエンジンがきつそうな感じでしたが、
 新しくしてからは8000回転でも軽やかに回るため1万3千まで余裕になりました。)

こんな感じで、3年前の納車時(中古で96年式のバイクですが)の
エンジンフィーリングに戻りました。
また、回転数が低くても十分加速するようになったので、
回転数も低く抑えられるため燃費も良くなると思います。

これほど違いが感じられるは1万キロも使ったプラグとの比較のためと思います。
多分交換推奨距離の3000キロでは、これほどの違いは感じられないと思います。

これらより、自分の次回プラグ交換の時期は、また1万キロくらいかなと考えています。
なぜなら、交換のありがたみを感じることができるからです。

また、交換した古いプラグは、何かあったときのためにシート下にいれとくことにしました。
何せシロート作業ですから。

コメント

バイク プラグ交換

プラグ交換時の距離メモです。

8月15日 21000キロでした。
(前オーナーがメーター交換してるので、総距離数は、確かプラス2万キロと思います)

次回は、3万キロの予定です。
非公開コメント

トラックバック

バイク プラグ交換

バイク プラグ交換 プラグ交換時の距離メモです。 8月15日 21000キロでした。 (前オーナーがメーター交換してるので、総距離...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。